簿記3級の合格率、平均的な勉強時間、合格発表日まとめ

簿記3級の難易度と合格率

簿記3級の難易度と合格率

簿記を学んだ事がない人にとっては難しいイメージを持つ人が多いですが、簿記3級は比較的簡単に合格する事ができます。

合格率はその年によってばらつきがありますが、最近は50%前後の合格率があるのでかなり勉強をしないと絶対に取れない難関の資格ではないです。

難易度に関しても簿記2級になると普通は最低でも数ヶ月以上の勉強が必要になる事が多いので難しいですが、簿記3級はきちんと勉強をして資格を取りたいと言う意思があれば比較的短期間の勉強で合格が可能です。

簿記の専門学校などに通うと短期的に合格できるコースがあるのですぐにでも資格が欲しい人におすすめで、独学でコツコツ学びたい人は本屋などで売っている3級の問題集で学んで合格することができます。

簿記3級試験に受かる為の勉強時間

簿記3級試験に受かる為の勉強時間

簿記3級の内容は、主に個人経営の経理に関する内容であり、収入や支出、資本金などのフロー(動き)やストック(状態)などを処理できるかどうかが問われます。

いわゆる簿記の中では基本的な内容となるため、難易度はそこまで高くはなく、毎回の合格率は40~50%で推移しています。

簿記3級試験に受かるために必要な勉強時間としては、早い人なら一週間から二週間程度、長くても一ヶ月あれば十分です。

ただし、これは基礎的な内容を一通り取得し、過去問や模擬試験などで試験の感覚を養うといった、通常のルートを順調に進められた場合となります。

また、全く勉強できない日があったとしても、一日最低でも一時間は勉強することを想定とした目安となります。

簿記3級の試験日と合格発表日

簿記3級の試験日と合格発表日

簿記3級の資格が欲しい人は、試験日をあらかじめ知っておいて勉強をするのが効果的です。

試験日がいつかわからないのに何となく勉強をしていては勉強もはかどらないので試験日の把握は重要です。

試験日の日程は商工会議所のホームページで記載されており、2017年は6月11日と11月19日の2回です。合格発表日や証書の受け渡し等は商工会議所によって違うので、各自確認する必要があります。

簿記の専門学校などに通っている人は、学校の先生が証書等を受け渡してくれるので、試験日や合格発表日の情報は自分で把握しなくてもわかりやすいです。

簿記3級は比較的難易度が低いので真面目に学ぶ気持ちがあれば誰でも資格が取りやすくおすすめです。