ホームヘルパーの合格率、平均的な勉強時間、合格発表日まとめ

ホームヘルパーの難易度と合格率

ホームヘルパーの難易度と合格率

ホームヘルパーの資格は2013年4月から介護職員初任者研修を修了することによって取得することができるようになりました。

介護食員初任者研修は130時間の学習期間と修了試験から構成されており、学習期間が終了した後に修了試験が行なわれます。

修了試験は学習期間に学んだ内容を振り返る内容となっており、落とす為の試験とはなっていないため難易度は高くなく、合格率は90%以上となります。

仮に不合格となったとしても補習と再試験によって合格が可能なため、ホームヘルパーを本気で目指している人であればまず落ちることはありません。

学習期間に行なわれる講義や実技の練習をしっかりと受けていれば修了試験を恐れる必要はありません。

ホームヘルパー試験に受かる為の勉強時間

ホームヘルパー試験に受かる為の勉強時間

少子高齢化社会という言葉は、もはや一般的となっており、介護や福祉の仕事も以前に比べれば、大変増えてまいりました。

今回はホームヘルパー試験についてご紹介します。

ホームヘルパーとなるには、資格を取得する必要がありますが、特定のカリキュラムを修了することと、実務経験を積むことによって取得することのできる資格です。

具体的にホームヘルパー2級の勉強時間についてですが、130時間のカリキュラムとなっています。

2013年からホームヘルパー2級という資格は、介護初任者研修と名称が変わっていますが、カリキュラムの時間数に変更はありません。

介護や福祉の現場で働きたいとお考えの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

ホームヘルパーの試験日と合格発表日

ホームヘルパーの試験日と合格発表日

以前はホームヘルパーは指定の講座を履修すれば試験なしで資格を取得できましたが、2013年にその制度は廃止され、現在は介護職員初任者研修のスクーリングを受けて筆記試験に合格する必要があります。

一般的な資格試験とは違って、全国一律で試験日が定められているというわけではなく、計120時間のスクーリング終了時に修了試験が行われるものとなっていますので、随時試験が行われているといえます。

そのため、合格発表日も、いつスクーリングを終えたのかによって変わってきますが、一般的には試験を受けたその日に合否がでるようになっています。

合格していればそのまま修了式となり、不合格だった場合は、補講をうけて再試験となります。