ファイナンシャルプランナーの合格率、勉強時間、合格発表日まとめ

ファイナンシャルプランナーの難易度と合格率

ファイナンシャルプランナーの難易度と合格率

ファイナンシャルプランナー技能士は試験行う組織で合格率が10%違うというデータがあります。

FP協会ときんざいが行なっており3級2級の難易度はデータ的にはFP協会が軍配があがるということになっています。

ただしこれは受験者の質の違いによるもので根本的にはどちらも同じです。3級と2級の技能士の試験は難易度は低く2級は3級のおさらい的ところもあるのでとってもハードルか低い内容となっています。

資格として能力が認められるのは1級からで非常に敷居が高くしかもその合格率は1割という難しさなのでファイナンシャルプランナー技能士としてやっていく場合は1級を取得していないと金融業界では認められません。

また1級は実務者であることが必須なのでそこも1級を難しくしている点です。

ファイナンシャルプランナー試験に受かる為の勉強時間

ファイナンシャルプランナー試験に受かる為の勉強時間

ファイナンシャルプランナー試験に合格するためには、目安となる勉強時間を理解しておくことが重要です。

やたらと長い時間をかけて勉強しても、途中でやる気がなくなってしまう場合がありますので、計画的に勉強を進めることが大切です。

目安としては、ある程度の時間を確保できる日で一日あたり三時間程度、忙しい日には三十分程度、という時間を決めて必ず勉強すれば、計画的に実力を養うことができます。

ファイナンシャルプランナーは二級でも三級でも年に数回試験があるため、勉強時間については、それほど長いスパンで取り組まなくても合格できるようになっています。

ルールを決めて忙しい日でも一日に三十分という時間をかけて勉強することを厳守し、休日のように時間がある日であれば、一日に五時間以上の時間をかけて勉強してもかまいません。

トータル的には、試験までに二百時間程度の時間をかけて勉強すれば、試験に受かる可能性が高くなります。

ファイナンシャルプランナーの試験日と合格発表日

ファイナンシャルプランナーの試験日と合格発表日

ファイナンシャルプランナーは、現状として国家資格である1級から3級ファイナンシャル・プランニング技能士と民間資格であるAFP及びCFPがあります。

1級から3級ファイナンシャル・プランニング技能士の試験日は、1級については、年1回9月ごろに行われています。

2級及び3級の試験は、それぞれ年3回開催されており、1月と5月と9月が試験日となっています。

合格発表日はそれぞれ、2級及び3級については試験日から1か月後あたりになっており、1月末に行われる試験の場合には3月上旬が合格発表日となります。

民間資格であるAFPは、2級ファイナンシャル・プランニング技能士に合格し、AFP認定研修の修了が取得の条件となります。