宅地建物取引主任者(宅建)の合格率、勉強時間、合格発表日まとめ

宅地建物取引主任者(宅建)の難易度と合格率

宅地建物取引主任者(宅建)の難易度と合格率

宅地建物取引主任者(宅建)の合格率は十五パーセントから十八パーセント程度でここ数年は推移しており、国家資格の中では難易度は低い方になります。

また、お試し受験やそもそも受験日に試験を受けに来ない受験生も結構な数がいるため、実際に宅地建物取引主任者(宅建)の資格を取りたいと考えて受験している方の合格率は二十パーセントを越えております。

試験においては大体七割程度の正解率が合否を分ける得点となっているので模擬試験等で安定して八割位の得点を取れる場合は本番で大きなミスが無い限りは合格することが出来ます。

難易度がそれほど高くないですが、就職活動をする際に有利に働いたり、現在の仕事でキャリアアップをするために有効な資格になるため難易度の割には優秀な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験に受かる為の勉強時間

宅地建物取引主任者(宅建)試験に受かる為の勉強時間

宅地建物取引主任者(宅建)の試験に受かるための勉強時間は人により異なります。しかし、一般的には500時間が目安とされています。

500時間と聞くと大変そうに聞こえますが、1日あたり1~2時間の勉強を1年間続けると、クリアできる勉強時間です。

宅地建物取引主任者(宅建)を一度で取ろうとすると無駄な勉強もするはめになります。一度目の受験は力試しと考え、二度目の受験で合格を目指すのが無駄のない勉強方法です。

勉強時間の割り振りは、民法、宅建業法、その他の法規に問題数に応じて割り振ることが大切です。法律関係の学部出身者以外は、民法はとっつき難いものです。

民法は適度に勉強し、熱中し過ぎないことが大切です。宅建業法は高得点が望めます。全問正解を目指して勉強することが大切です。

宅地建物取引主任者(宅建)の試験日と合格発表日

宅地建物取引主任者(宅建)の試験日と合格発表日

宅地建物取引主任者(宅建)という名称の資格であり、現在は宅地建物取引士という名称の国家資格に変更となったこの資格試験は、毎年1回試験が行われています。

試験日は通常10月第3日曜日に行われています。合格発表日は11月下旬から12月上旬の間であり、国家資格の中では比較的合格発表までの期間が短くなっています。

多くの資格専門学校が解答速報を出しているので、試験が終わった直後には、自己採点で合格点に届いているか確認することができます。

試験内容については、土地や建物について不動産に関わる者としての常識的な知識や民法、不動産登記法、都市計画法や建築基準法など、宅地建物の取引を行う上で必要となる法律関係の問題が出題されます。